WiFi Analyzer

WiFi Analyzer 2.4.0

Wifiの接続状況を視覚的に表示

Wifiの不具合の理由や原因を突きとめる

イライラするほど遅いインターネット、なんでこんなに遅いの!?となったときに、原因を突き止めてくれるツール
ルーターやアクセスポイントの電波状況をビジュアル表示し、チャンネルの利用状況、時間ごとの電波強度の変化などをグラフ表示され、情報が一目瞭然。

完全な説明を見ます

賛成票

  • 使いやすく、わかりやすいインターフェース

反対票

    Wifiの不具合の理由や原因を突きとめる

    イライラするほど遅いインターネット、なんでこんなに遅いの!?となったときに、原因を突き止めてくれるツール
    ルーターやアクセスポイントの電波状況をビジュアル表示し、チャンネルの利用状況、時間ごとの電波強度の変化などをグラフ表示され、情報が一目瞭然。

    Wifi状況が一目瞭然のインターフェース

    [接続済][解析][ネットワーク]の3つのタブ表示で見やすく。

    本ソフトのメイン画面となる[接続済]タブでは、ネットワークスピードや電波強度、接続の詳細情報、接続デバイスの情報を表示。
    電波強度を示す棒の下に表示される4つのアイコンは、それぞれネットワークのトラブルを表すもの。
    Wifiシンボルは、接続しているWifiの強度を示し、☆は、ネットワークが混雑しているときにオレンジに点灯。グローブのシンボルは、何らかの理由でインターネト接続がないときに点灯するし、シールドシンボルは、インターネット接続が安全でないときに点灯する。

    なお、電波強度を示す棒の左に現れる大きな円形は、上記4つのシンボルの全体的な状況をビジュアル化したもの。
    全4項目が、良質な状態であれば、この円形は限りなく100%に近くなる。

    文字による説明よりも、ボタンで一目で状況が直観的にわかるのが特長。

    [解析]タブではチャンネルの利用状況や、時間による電波強度の変化がグラフ表示される。
    ここでも画面下部に4つのアイコンが示され、左から、電波の立っているボタンは、2.4GHzから5GHzへ切り替えるボタン。2番目のボタンは、グラフの切り替え、3番目のボタンは、グラフの表示設定、そして最後のボタンが、フィルターボタン。これらボタンで、見たい情報をより見やすく設定できるようになっている。

    [ネットワーク]タブでは、接続可能なワイヤレス接続をリスト表示する。

    幅広いユーザのための使いやすいツール

    どうも接続がスムーズにいかないとき、接続速度やネットワークの込み状況など、何が原因なのかをいち早く突き止めどこを改善すればいいかを示してくれる便利なツールです。

    難しそうな情報を、綺麗なグラフィクスのグラフでわかりやすく色付けされ、文章の代わりにボタンでわかりやすくなっているため、誰もが使えるでしょう。

    WiFi Analyzer

    ダウンロード

    WiFi Analyzer 2.4.0

    ユーザーレビュー

    スポンサー×